通販で買えるトリキュラーとアフターピルは何が違う?

\90秒で注文完了/トリキュラーの購入はこちら

予期せぬ妊娠に落ち込む女性 通販で簡単に購入できる低用量ピルのトリキュラーですが、ピルの中には低用量ピル以外にも、モーニングアフターピルやアフターピルといった呼ばれ方をするピルがあります。

このアフターピルというのは通常の低用量ピルとは違い、避妊に失敗した後に避妊ができるのです。

避妊失敗後の翌朝でも避妊が間に合うためモーニングアフターピルと呼ばれるわけです。

そうなると、トリキュラーは毎日飲まないと避妊ができないのに、アフターピルは失敗した後に飲むだけで避妊ができるならそっちの方が楽と思われる方も多いでしょう。

 

アフターピルとトリキュラーの違いは何?

通販を利用する女性毎日飲んで初めて避妊ができるトリキュラーと失敗した後に飲むだけで避妊ができるアフターピル。

この違いはどうして生まれるのでしょうか?

トリキュラーとアフターピルの決定的な違いというのは、成分量の違いです。

料金なども違うといえば違いますが、料金の違いは避妊に対して影響するという事はありません。

成分量が圧倒的に少ないトリキュラー

薬のイメージ トリキュラーは低用量ピルという名称からもわかるように、薬に配合されている成分量は非常に少ないものです。

それだけ少ない成分量でも、服用する人によって非常に大きな副作用を引き起こしてしまいます

しかし、成分量が少ないという事はそれだけ体への負担が小さくなるという事なので、基本的に副作用のリスクは小さくなります。

ピルの成分は女性ホルモンであり、徐々に女性ホルモンを外部から取り入れることによって体内のホルモンバランスに変化を与えて、避妊できる状態へと導きます。

そのため、トリキュラーなどの低用量ピルは毎日服用する必要があります

徐々に徐々に変化を与える低用量ピルに対してアフターピルは全く逆のものとなります。

一気に変化をさせて妊娠を防ぐアフターピル

徐々にホルモンバランスに変化を与える低用量ピルのトリキュラーに対して、アフターピルは非常に多くの女性ホルモンが配合されているのでホルモンバランスは一気に変わります。

その結果、避妊に失敗した後でも避妊できる状態に体を変化させることが可能なのです。

しかしながら、ホルモンバランスを急激に変化させるのは、身体へ非常に大きな負担を与えることになります。

この負担というのが副作用です。低用量ピルの副作用とは比べ物にならないほど重い副作用がアフターピルを服用したことで発症するケースは珍しくありません。

当然、低用量ピルで副作用を感じない人でもアフターピルだと副作用を感じることは珍しくありません。

低用量ピルでも副作用を感じていた人であれば、更に大きな副作用がアフターピルを服用することで起きることは間違いないでしょう。

継続的な避妊と単発避妊

通販を利用する女性低用量ピルであるトリキュラーは正しく服用していれば、服用から1週間程度~ほぼ確実な避妊を継続して行う事ができます。

これは、トリキュラーの服用をストップするまで継続します。

一方のアフターピルの場合は、避妊に失敗した1回のみの避妊となるためその後、改めて避妊に失敗した場合には妊娠するリスクがあります。

そのため、普段から避妊を行いたいという場合にはトリキュラーなどの低用量ピル、避妊に失敗した時などの緊急時などはアフターピルといった使い分けができます

 

アフターピルは必要ない?アフターピルが役立つケース

通販を利用する女性基本的に、トリキュラーなどの低用量ピルを使っている場合、アフターピルは必要ではありません。

しかし、低用量ピルは毎日服用するのが必須で飲み忘れがあれば避妊効果は薄れてしまったり、なくなってしまいます。

その結果、コンドームを用いて避妊してもらう必要もでてくるのです。

コンドームを使った避妊でもそれなりの避妊効果がありますが、確実なものではありません。

そのため、そうした時にアフターピルはすごく役立ってくれるでしょう。

また、望まない妊娠を避けるアフターピルは強姦などの被害にあってしまった女性が利用するという事もあります。

犯罪被害に遭った上に妊娠となると、心身へのダメージは甚大です。

しかし、アフターピルで妊娠を避けることができれば、それだけでも心身へのダメージを抑えることができるでしょう。

 

価格の違いはどのぐらいあるの?

前述した通り、低用量ピルのトリキュラーとアフターピルでは価格にも大きな違いがあります。

具体的にどの程度違うのでしょうか。

病院で処方してもらう場合で考えると

・低用量ピルは1シート1か月分が3,000円程度となります。
・アフターピルは1回の避妊分で15,000円程度となります。

トリキュラーとアフターピルでは価格に5倍近い差が生まれます。

そのため、アフターピルはあくまでも緊急避妊が必要な時だけ利用するというのが良いでしょう。

トリキュラーのパッケージトリキュラー通販などを利用することで、アフターピルの価格を抑えて購入することは可能です。

ですが、アフターピルと同様に低用量ピルも病院で処方してもらうよりも安く手に入れることができます。

そのため、低用量ピルを普段使いしながら、飲み忘れたりしてしまったときの為にアフターピルを常備しておくというのが最適な避妊法だといえます。

トリキュラーの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました