通販で買える低用量ピル・トリキュラーのジェネリックがある?

\90秒で注文完了/トリキュラーの購入はこちら
予期せぬ妊娠に落ち込む女性 トリキュラーは女性の体にとって嬉しい効果をいろいろと発揮してくれる、避妊対策の心強い味方です。

日本の産婦人科でも人気の低用量ピルとして活用されているトリキュラー。

実は、トリキュラーは産婦人科に行かなくても、通販での購入も可能な薬です。

通販を利用して購入すると、家にいてもトリキュラーを取り寄せられたり、病院よりも安く購入できたり、通販ならではのメリットがいくつもあります。

病院で取り扱われるトリキュラーは値段設定がさまざまですが、通販では一定の金額で販売されているという点も挙げられます。

しかし、トリキュラーにはジェネリック医薬品が作られていることを知っている女性はまだ多くないのではないでしょうか?

トリキュラーとジェネリック医薬品について注目していきましょう。

通販で買えるトリキュラーのジェネリック低用量ピルとは

薬のイメージ日本で取り扱われているトリキュラーのジェネリック医薬品は、主に『ラベルフィーユ』と『アンジュ』の2種類です。

トリキュラーでは21錠タイプと28錠タイプが作られており、ラベルフィーユとアンジュでも同じく2つの錠剤タイプが作られています。

ジェネリック医薬品ということで、いずれもトリキュラーと同じ有効成分を配合し、同じ効能を持っている低用量ピルとして使用できるでしょう。

トリキュラーとジェネリックを比較した時の違い

トリキュラーとラベルフィーユとアンジュは、同じ効果を持つ低用量ピルとして、女性の避妊対策や体の不調を改善するために処方されています。

しかし、いくらジェネリックでもすべてが全く同じ条件でできているわけではありません。

トリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュを比較した時の違いに注目してみました。

違うポイント1・作っているのが国外か国内か

予期せぬ妊娠に落ち込む女性トリキュラーはインド・シンガポールにある製薬会社のバイエル社で作られ、販売されている低用量ピルです。

一方でラベルフィーユは日本の富士製薬から、アンジュは日本のあすか製薬から作られて販売されるジェネリックです。

海外で作られた低用量ピルか、日本国内で作られた低用量ピルかという違いがあるのです。

この3つは、いずれも低用量ピルとしての効果に大きな差があるわけではありませんが、やはり「海外製より日本製の方が安心して使いやすい」という意見を持つ人は少なからず見られます。

このような理由から、ラベルフィーユとアンジュを好んで選択する女性もいるでしょう。

違うポイント2・通販で購入できるかできないか

すでに前述したように、トリキュラーは病院だけに限らず通販でも購入できます。

しかしジェネリック医薬品のラベルフィーユとアンジュは現時点では通販での取り扱いがなく、産婦人科で処方を受けることが唯一の購入方法になっています。

通販で購入可能なトリキュラー、病院でのみ購入が認められているラベルフィーユとアンジュ。

低用量ピルを購入する時、自分にとって最も活用しやすい購入方法はどれでしょうか?それによってどの低用量ピルを選択するかにも違いが出てくるはず。

違うポイント3・値段の違い

薬のイメージ産婦人科で取り扱われる低用量ピルは産婦人科ごとに価格が違います。

しかしいくつかの産婦人科で値段を比較してみたところ、トリキュラーはだいたい2,000~2,500円、ラベルフィーユは1,900~2,300円、アンジュは1,900~2,500円あたりが相場とされているようです。

そして、通販に見られるトリキュラーはおよそ1,200円という価格で販売されています。

こちらも正確な値段はサイトによって違いが見られますが、ほとんどの通販サイトで取り扱われるのは2,000円以内のトリキュラーです。

ジェネリック医薬品といえば新薬よりも安い価格で販売されるイメージですが、ラベルフィーユとアンジュよりも通販でトリキュラーを買い求めた方が安く済むということです。

なぜ、産婦人科で処方を受ける低用量ピルと通販で購入する低用量ピルにここまで値段の違いがあるのでしょうか?

産婦人科で低用量ピルをもらう時は、基本的に診察を受けてからになります。すると、ピル代のほかにも診察料や検査費用などが発生するので、医療費が上がりやすくなります。

また、低用量ピルは処方の理由によっては自由診療になり、全額を自分で負担しなければいけません。自由診療ではピルの価格を決めるのは病院側になるので、価格に変化が見られるようになります。

このような仕組みから、病院の低用量ピルは病院のサイトで見た価格と実際請求された価格に違いが出やすいのです。

その一方で通販には保険などの仕組みがないので、常にサイトに表示された価格で購入できます。

低用量ピルは、できるだけ続けて使用することで大きな効果を発揮するようになります。そのためにも、安く購入しやすい価格の方が続けやすいのではないでしょうか。

通販で買えるトリキュラーとジェネリック・まとめ

通販を利用する女性産婦人科で取り扱われているトリキュラーのジェネリック、ラベルフィーユとアンジュ。

そして、病院だけでなく通販でも購入できるトリキュラー。

薬としての効果は同じですが、医療機関の取り扱い方や価格の事情には少しずつ違いがあります。

自分にとって活用しやすいのは、どの低用量ピルでしょうか。1番お得に確実に購入しやすいものを選んで利用しましょう。

トリキュラーの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました