可能性はあります | ペネグラで勃起不全を解消!バイアグラと並ぶ人気のED治療薬

可能性はあります

可能性はあります

絨毯に転がる錠剤とペン

医薬品という時点で、もちろんペネグラにも副作用があります。
ではペネグラから生じる副作用にはどんなものがあるのか?

まずここで注目してもらいたいのが、頭痛という副作用です。
他にも火照りや色覚異常などの副作用がありますが、これらの副作用に共通することはすべて頭部に関する症状ということ。
ではなぜED治療薬でそんなことが起こり得るのか?
一見するとまったく関係ない場所のように感じると思いますが、実はED治療薬の作用に大きな特徴があります。

ED治療薬がどうして勃起させる作用を持っているのかというと、血管を拡張する効果があるからです。
つまり血管を拡張させることによって、血液を流し込むことを目的とします。
血管の拡張についてはペニスだけではなく体全体で起こるものであり、さらにいうと血管が集中している頭部にこそ起こりやすいことがいえるでしょう。
そのため副作用として頭痛など頭部に関連する症状が出てくるのは当たり前のことです。

もちろんバイアグラとほぼ同じED治療薬なので、バイアグラで起こるといわれている副作用は全部ペネグラでも起こりえます。
副作用をもし感じてしまったときはどうすればいいのか?
基本的に副作用はどれも軽めの症状なので、副作用のせいでセックスに支障が出てしまうといったことはほぼありません。
ただし人によっては支障が出ることもあるので、もし強烈に感じてしまう場合は必ず病院へ行くようにしましょう。
あとは基本的に放っておくだけで勝手に治ります。
ペネグラの持続時間は4時間から6時間くらいなので、この時間が過ぎれば自然と副作用の症状も消えているはずです。